映画週末興行成績ランキング予想 (2/27・28)

これは「順列予想」のお題です。
選択肢の順序を予想してください。

 判 定終了!

総ベット 3,460 will 参加人数 8 出題者メトロノーム コミュニティ 映画好き 出題日 2016年02月24日17:40
映画週末興行成績ランキング予想
(2/27・28)
選択肢 ベット人数 人気度
オデッセイ
6人

1,273

信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)
1人

330

X-ミッション
2人

237

さらば あぶない刑事
1人

97

スター・ウォーズ フォースの覚醒
1人

162

Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡
1人

46

SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁
1人

66

ザ・ブリザード
3人

556

女が眠る時
1人

100

黒崎くんの言いなりになんてならない
1人

393

珍遊記
1人

100

ヘイトフル・エイト
1人

100

正解は 「黒崎くんの言いなりになんてならない」「オデッセイ」「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」「ザ・ブリザード」「Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡」でした。

評価:○0   ×0    異議申し立て:0

判定日時:2016年03月01日22:19

ベット期限 2016年02月27日00:00 判定期間 2016年02月27日00:00〜2016年03月09日17:39
今週末の映画興行成績ランキング
上記のうち、ベスト5を予想してください。
5位より短い予想も受け付けますが、配当は少なくなります。

・映画ランキング - 映画.com
http://eiga.com/ranking/

■「オデッセイ」V3、「X-ミッション」は初登場3位、「SHERLOCK」7位、「同級生」9位

第88回アカデミー賞7部門にノミネートされている「オデッセイ」が、3週連続1位を獲得した。週末2日間で動員19万0575人、興収2億8487万7800円を記録し、引き続き好調を維持している。ここ半年に公開された作品で、3週連続1位を記録したのは「スター・ウォーズ フォースの覚醒」「ジュラシック・ワールド」と「オデッセイ」のみ。累計では動員154万人、興収22億円を突破した。2月28日(現地時間)にはアカデミー賞授賞式が行われるが、主要部門で受賞となれば興行的に追い風となりそうだ。

2位は「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」で、週末2日間で動員15万6083人、興収2億0104万8200円を記録し、こちらも好調をキープしている。累計動員は280万人を超えた。観客の満足度が非常に高く、SNSでも「何度観ても楽しめる」「泣ける」といった感想が目立つ。家族連れなど幅広い層が詰め掛けており、最終興収は40億円超えが確実となってきた。

新作では、トップアスリートたちによるエクストリームなアクションが話題の「X-ミッション」が、初登場3位にランクイン。全国538スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員10万7058人、興収1億4417万4400円をあげた。まずは興収10億円が見込める出足となっている。

世界的人気となっているベネディクト・カンバーバッチ主演の英BBCドラマ「SHERLOCK シャーロック」の特別編を日本で劇場公開した「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」は、全国105スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員4万8484人、興収6546万5100円を記録し、初登場7位となった。

9位には、人気ボーイズラブ漫画をアニメ映画化した「同級生」がランクイン。オープニング2日間で動員2万3395人、興収3430万8700円の成績。全国30スクリーンの公開規模であることから、各劇場で高い稼動をみせている。

また、昨年11月から公開され、興収11億円をあげているアニメ「ガールズ&パンツァー 劇場版」が、2月20日より4DX上映と新規劇場での上映がスタート。来場者特典も配布され、全国99スクリーンの週末2日間成績は動員3万0091人、興収5966万1700円をあげ、前週の24位から8位に大幅ジャンプアップした。

なお、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が、動員700万人、興収110億円を突破した。実写洋画作品としては、2010年公開に公開され最終興収118億円を記録した「アリス・イン・ワンダーランド」に迫る成績で、約6年ぶりの記録更新に期待がかかる。
コメント コメントがありません。
bet.japan公式ツイッターをフォロー

Twitterの反応

0つぶやき

トップへ戻る